東大島眼科
東大島眼科

インフォメーション

眼の健康診断
新学期を迎え、学校や職場で新しい環境での生活がスタートされた方も多いと思います。
合っていないメガネやコンタクトレンズでは眼精疲労の原因になることもあります。

40歳を過ぎると、近見障害(手元の文字が見づらい症状)、緑内障、白内障、眼底疾患(眼底出血、糖尿病網膜症、黄斑疾患)など、眼のトラブルが増してきます。時として、無症状で病気が進んでしまうこともあります。手遅れにならないために、眼の健康診断をお勧めします。
肌だけでなく、目の紫外線対策もしっかりと
紫外線は皮膚だけでなく、眼にも影響を与えています。急性の紫外線角膜炎(雪目、電気性眼炎)、慢性の翼状片(眼球結膜(白目)から繊維性の組織が増殖して角膜(黒目)に翼状に侵入する疾患)白内障(紫外線は、加齢とともに見られる白内障を進行させます。)

長時間、屋外で日光を浴びるなど、日焼けの可能性があるときには、特に紫外線対策が必要です。

学校健診後の視力検査および健康診断で視力低下、白内障、緑内障、視神経乳頭陥凹、黄斑変性症の疑いなどと診断されたかたは、ご相談ください。

クリニック概要

東大島眼科

〒136-0072 東京都江東区大島9-3-16 東大島メトロプラザ2階 電話:03-3637-8426


大きな地図で見る

東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町駅」徒歩2分

診療時間
9:30~12:15 × ×
2:30~6:30 × ×

休診日:日曜、祝祭日 土曜は午前10時から午後2時まで

ページトップへ