深川眼科
深川眼科

インフォメーション

平成23年10月1日、開院しました。
地域の皆様の良きかかりつけ医を目指し尽力して参ります。
求人募集
新規開院にて、スタッフを募集しております。 <視能訓練士> 正規社員:月/21万円以上(経験者要相談)
※お問い合わせは「船堀眼科」まで:03-3877-3141

院長ご挨拶

お子様からご高齢の方まで幅広い年代の「眼のかかりつけ医」を目指します。

江東区深川、門前仲町駅近くの「深川眼科」院長の中村 健です。
ちょっとした目の違和感や異常があった場合、特に早期の診断・検査・治療がなにより大切です。
小さなお子様からお年を召された方まで老若男女を問わず、地域の皆様に親しまれ、どんな些細な事でもご相談いただけるかかりつけ医を目指し尽力致して参ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。院長プロフィールはこちら

当院について

日本眼科学会認定眼科専門医による診療

一般の眼科診療はもちろんのこと、糖尿病と関係の深い糖尿病網膜症や白内障、緑内障などの検査・診断・治療に力を注いでおります。

形成外科外来を併設しております

日本医科大学武蔵小杉病院形成外科部長・教授の「村上 正洋」先生が非常勤にて毎週木曜午後2時半~午後6時半、土曜午後2時半~午後5時にて診療を行っております。

ご来院の方への配慮

ベビーカーや車椅子でお越しの患者様のため、入口には緩やかなスロープを設置、院内も段差の無い、バリアフリー設計としております。

レーザー光凝固装置

レーザー光凝固装置

レーザー光を照射して光凝固を行う治療法です。
糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの眼底疾患の治療に用います。
当院では、病変にあわせて適切なレーザー光を照射可能なレーザー光凝固装置を導入しております。


光干渉断層計(OCT)の導入

光干渉断層計(OCT)

当院では、網膜構造を精密に検査可能な光干渉断層計(OCT)を導入しております。
通常の眼底カメラと異なり、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定でき、表面上での判断が難しい浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が確認できます。
緑内障や糖尿病網膜症といった失明に至る可能性の高い疾患の早期発見が可能なため、より適切な診断・治療が可能です。


ハンフリー自動視野計

ハンフリー自動視野計

静的な視野検査を行う機器です。
特に緑内障の早期発見に非常に有効です。


ページトップへ

クリニック紹介

院長紹介

院長(医学博士)
中村 健

専門分野 【日本眼科学会認定眼科専門医】
・眼科一般
・白内障
・緑内障
・糖尿病性網膜症

職歴 日本医科大学卒業
日本医科大学付属病院眼科
日本医科大学付属第二病院眼科
東京都立駒込病院眼科
東京都職員共済組合青山病院眼科医長
東京都立豊島病院眼科医長を経て球医会船堀眼科 勤務
H23.10.1 球医会深川眼科 院長就任

資格 日本眼科学会認定眼科専門医

ページトップへ

院内紹介

  • クリニック外観
  • 受付
  • 待合室
  • 診察室
  • 検査室1
  • 検査室2
  • 暗室
  • コンタクトレンズ試着室

クリニック概要

深川眼科

〒135-0033 東京都江東区 深川1-1-5 和倉ビル1階 電話:03-3642-7672


大きな地図で見る

東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町駅」徒歩2分

診療時間
9:30~12:15 × × ×
2:30~6:30 × × ×

休診日:火曜、日曜、祝祭日土曜は午後5時まで

形成外科:木曜午後2時半から午後6時半 土曜午後2時半から午後5時

ページトップへ