000000

白内障とは

老夫婦

目の中のレンズ(水晶体)が主に加齢によって濁る状態が白内障です。
治療法としては白内障が進行していない場合には、点眼にて進行を予防し、経過観察を行うこととなります。
白内障が進行し、日常生活に不便をきたすようになりましたら、手術による治療の時期です。
見えにくいなどの自覚症状がございましたら、お早めにご受診ください。


白内障の種類と原因

種 類 原 因
加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎・糖尿病
先天性の白内障 風疹など
外傷性の白内障 目のけがなど
併発白内障 ぶどう膜炎など
その他 放射線・薬剤(ステロイド剤)

 

白内障の治療

日常生活に支障がない程度でしたら、経過を観察します。
白内障が進行して不自由を感じるようになれば、手術を行います。
白内障以外の病気がある場合は、全身状態の確認を行いながら手術の時期を決めます。
以下の症状がある場合早めの受診をお勧め致します。

  1. かすんで見える
  2. 明るいところにでると、まぶしく見にくい
  3. ぼやけて二重、三重に見える など

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。
但しこれらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。

ページトップへ